かくれんぼやおにごっこは英語でなんていう?子供が遊びで使う表現

Sponsored Link




「子供の遊びって英語でなんていうの?」

学校で習った英語、仕事の英語には詳しくても、こういう子育ての英語って知らないですよね!

私は中学1年(12歳)の時に1ヶ月オーストラリアにホームステイ、

中学2年(13歳)の時に1ヶ月アメリカにホームステイしていました。

ホストファミリーのお子さんたちと遊んだり、現地の学校で遊ぶ中で覚えた表現です。

バイリンガル育児、英語で子育てに興味ある方は、ぜひ使ってみてください。

 

 

かくれんぼ:hide and seek

 

 

まあくん
Let’s play hide-and-seek!(かくれんぼしよう!)

You are it!(ママが鬼ね) 

 

WAKA
Okay. (いいよ)

Everyone hide. I’ll count to ten.(みんな隠れてね。10まで数えるよー)

One, two, three…ten!(1、2、3…10!)

Are you ready?(もうーいいーかい?)

 

まあくん
Not yet!(まーだだよ!) 

 

まあくん
Ready!(もうーいいーよ!) 

 

WAKA
Ready or not, here I come ! (よくてもまだでも、探しに行くよ!)

 

(日本とルールが違って、鬼が数を数えたらすぐ探しに行く。)

 

まあくん
Okay!(いいよ!) 

 

WAKA
I’m coming to get you! (探しに行くよー!)

Where are you?(どこにかくれているのかな?)

 

まあくん
I’m here. (ここだよ。)

Come find me. (見つけにきて) 

 

WAKA
I found you!(みーつけた!)

 

 

かくれんぼ表現まとめ

 

 

Let’s play hide-and-seek!(かくれんぼしよう!)

You are it.(君が鬼だよ)

Everyone hide. I’ll count to ten.(みんな隠れてね。10まで数えるよー)

 Are you ready?(もういいかい?)

Let’s hide!(隠れよう!)

Not yet!(まーだだよ!)

Not Ready!(まーだだよ!)

Wait, I’m not ready yet!(待って、まだだよ!)

Ready or not, here I come ! (よくてもまだでも、探しに行くよ!)

Okay!(いいよ!)

I’m coming to get you!(探しに行くよー)

Where are you?(どこにかくれているのかな?)

I’m here. (ここだよ。)

Come find me. (見つけにきて。)

I found you!(みーつけた!)

Found you!(みーつけた!)

Where are you?(どこにいるの?)

I can’t find you!(見つからないなあ)

I can see you!(見えてるよ!)

 

 

補足

オニのことは “it” と言います。

“Ready or not, here I come” は、かくれんぼをするときの決まり文句です。

 

 

 

おにごっこしよう!:Let’s play tag!

 

 

 

 

まあくん
Mommy, come and play with us.  Let’s play tag!(おにごっこしよう!) 

 

WAKA
Sure! Who will it?(いいよ!誰が鬼?)

 

まあくん
Mommy”ll be it!(ママがオニ!) 

 

WAKA
 Okay, everyone run away!(いいよ、みんな逃げてね!)

I’m gonna catch you! (つかまえちゃうぞ~)

 

WAKA

Tag! Now you’re it!(つかまえた!次はあなたが鬼ね!)

 

まあくん
 Who’s going to be it next?(次はだれがオニ?) 

 

みーちゃん
I’m it!(ぼくがオニ!) 

 

 

おにごっこ表現まとめ

 

 

Let’s play tag!(おにごっこしよう!)

Mommy’ll be it!(ママがオニ!)

Everyone run away!(みんな逃げてね!)

Run away faster!(もっと早く逃げて!)

I’m gonna catch you! (つかまえちゃうぞ~)

I’m gonna get you! (つかまえちゃうぞ~)

Run away faster!(もっと早く逃げて!)

Tag!(つかまえた!)

Got you!(つかまえた!)

Who is it?(誰が鬼?)

Who’s going to be it next?(次はだれがオニ?)

You’re it!(あなたがオニね!)

I’m it!(ぼくがオニだよ!)

 

 

補足

Tagの意味

  • 名詞で「おにごっこ」
  • 動詞で「(おにごっこで誰かに)タッチする」

 

itの意味

  • 名詞で「(おにごっこの)オニ」

 

 

かくれんぼと同じく、おにごっこのオニも “it” と言います。

つかまえた時はTag!と言います。

タグ付けのタグと同じ。

タグには野球のタッチアウトという意味もあります。

英語では “tag out” (タグアウト)と言います。

 

 

 

まとめ

 

 

「かくれんぼ」と「おにごっこ」に使う会話表現をまとめました。

バイリンガル育児、英語で子育てに興味ある方は、ぜひ使ってみてください。

 

TwitterInstagramで子供たちと読んでいる英語の絵本をアップしています。 

 
WAKA
気軽にいいね!やフォローしていただけると嬉しいです♪

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。
詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆

Sponsored Link




LINE@を始めました。

サービスの先行案内、子育て、心のことなど配信しています。

友だち追加

友達追加はこちら ↑ をクリック^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆