【即使える!】丁寧な依頼・許可・提案・断り方・指摘・状況確認の英語【敬語】

Sponsored Link




私が子供の頃に教わった「英語には敬語がない」は間違いだった…!

英語にも敬語はいーっぱいあります。

人間関係を円滑にするために、たくさんの丁寧な表現があります。

日本語でも、問い詰めるような表現より、控えめな表現が好まれますよね。

英語でも同じです。

ネィテブが使っている、失礼にならない柔らかい言い回しをご紹介します。

 

私自身、知る前はかなり不躾な表現をしていたと思います…。

日本語で言うと「あれして!」「これして!」みたいな。

ひーおそろしい!知らないって怖いですね。申し訳ない。。反省です。

皆さんは反面教師にしてねー!

 

 

丁寧な依頼の仕方:過去形で言おう!

 

 

 

 

  • I would appreciate if you could(〜していただけますと幸いです)
  • I would be grateful if you could(〜していただけますと幸いです)
  • I was hoping you could~(〜してくださったらいいなと思っていました)
  • I was wondering if you could~(〜してくださったらいいなと思っていました)
  • Do you think you might be able to~?(〜していただくのは可能でしょうか?)
  • Could you please~?(〜していただけますでしょうか)
  • Could you possibly~?(もし可能なら〜していただけますでしょうか)
  • Would it be possible for you to~?(〜していただくことは可能でございますでしょうか)
  • We would appreciate it if you could~(~していただけますとありがたく存じます)
  • Would you mind if~?(〜してもよろしい[blogcard url=”リンク先のURL”]でしょうか)

 

Could you…? より丁寧度があがるので、頼みにくいことに使います。

mayやcanよりも、mightやcouldのほうが丁寧です。

 

 

丁寧に許可を求める場合

 

 

  • I was hoping I could~(〜できればと思っていたのですが)
  • I was wondering if you could~(〜できればと思っていたのですが)
  • Would it be okay if I~?(〜してもよろしいでしょうか)
  • Do you think I might be able to~?(〜してもよろしいでしょうか)

 

 

押し付けがましくない提案の表現

 

 

  • What about if~?(〜はいかがでしょうか)
  • Maybe we could~?(〜はできるのではないでしょうか)
  • I thought it might be a good idea if you could~(〜していただけますと幸いです)
  • I would also be thankful if~(〜していただけると助かります)
  • Do you think it might be better~?(〜した方が良いと思われますか?)
  • It’d be great if you could~(〜していただけますと幸いです)

 

 

柔らかい断りの表現

 

  • I’d love to, but ~(ちょっとカジュアル、同僚同士って感じ)
  • I’m not sure that~(わかりません)
  • I don’t know if~(〜かどうかわかりません)
  • I’m sorry but
  • I’m afraid
  • I regret that(残念ながら)
  • I wish I could, but ~(本当はそうしたいのですがという気持ちが込められていて、丁寧)
  • Unfortunately,(残念ながら)
  • I might not be able to(できないかもしれません)

 

 

やんわりとした指摘

 

よくない言い方:You made a mistake.(間違ってるよ)

直接的すぎてぐさっときますので、主語をYouからItに変えて間接的に指摘しましょう。

It looks like there was a misunderstanding. (誤解があったようです)

 

  • It looks like~(〜のようです)
  • It seems to me that~(〜と思われます)
  • It appears/seems that〜と思われます)
  • It is expected that~(〜が期待されています、〜と予想されています)
  • Could you please double-check ~?(〜をダブルチェックしていただけますか?)
  • That may not be the best thing to do.(それは最善のやり方ではないかもしれません)
  • I think you might be mistaken. (間違っているかもしれませんね)
  • I’d prefer to~(〜の方が良いです)

 

やんわりと「もう一回説明してください」の前置き

 

これらを言った後で、

Could you expand a little bit on what you said about~?(先ほどの件についてもう少し詳しく聞かせていただけますか?)

など確認の言葉を続けよう。

 

  • I don’t see the point you’re making.(おっしゃっている要点が分かりません。)
  • I’m afraid I missed your point. Could you explain that again?(申し訳ありませんが、要点を聞き逃したようです。 もう一度説明していただけますか。)
  • There seems to be a problem with the figures in last week’s report.(何か問題あるようですが)

 

 

問い詰めない確認の言い方

 

 

ダイレクトに問い詰めると失礼になってしまいます。

柔らかい表現を使いましょう。

 

  • Have you had a chance to~?(〜するチャンスはありましたか)
  • Could you brief me on the status of ~?(〜の状況について簡単に説明していただけますか?)
  • What is the current situation with the project?(現在のプロジェクトの進捗はどうなっていますか?)
  • I’d like to get a better understanding of why that happened?(もう少しどうしてそうなったか確認させていただけますか?)

 

 

 

 

まとめ

 

いつでも使える、丁寧な依頼・許可・提案・断り方・指摘・状況確認の表現についてまとめました。

ビジネスでも、日常の場でも、どこでも使えるよ!

参考になったら嬉しいです^^

 

 

TwitterInstagramで子供たちと読んでいる英語の絵本をアップしています。 

 
WAKA
気軽にいいね!やフォローしていただけると嬉しいです♪

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。
詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆

Sponsored Link




LINE@を始めました。

サービスの先行案内、子育て、心のことなど配信しています。

友だち追加

友達追加はこちら ↑ をクリック^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆