摂食障害になりました。というかなってたけど、誰にも言えませんでした。

摂食障害になりやすい人は、

  • 真面目でいい子
  • 頑張りすぎな人
  • 周りの目を気にしすぎる
  • 自分が嫌い
  • 自分のことが認められない

こんな人のような気がします。

 

私は体重が増えることがものすごく恐ろしく、体重を測るときはできるだけ薄着で、いつも息を止めて測っていました。

地獄の審判を待つような気持ちでした。

 

それから、自分の体型を客観視できません。

 

ひどい時はガイコツのようにガリガリでしたが、もっともっと痩せたいと思っていました。

先生からは「死ぬよ」と言われましたが。

体にもかなり負担がかかっていて、心臓は不整脈がひどく、腎臓は人工透析の一歩手前と言われました。

貧血、目眩、無月経もありました。

 

痩せた後は不思議なことにとにかく過食したくなるのです。

その反動で今度は10数キロ増え、どんなにダイエットしようが嘔吐しようが痩せなくなりました。

恐怖です。

今はその時より10キロ痩せています。

増減の幅が半端ないのです。

 

オーバーイーターズアノニマス(通称OA)という過食症の人の集まりがあり、それにも参加していました。

 

OA オーバーイーターズ・アノニマス は、経験と力と希望をお互いに分かち合いながら、食べ物へのとらわれ (過食・過食嘔吐・拒食・下剤乱用など)という共通の問題から回復するための仲間の集まりです。

「自分の食べ方には何らかの問題がある」「食べ物を使って自分を傷つけるのをやめたい」 と思う気持ちがあれば、誰でもOAのメンバーになることができます。

 

とてもよかったですよ。

苦しんでいるのは私だけじゃないんだと思えました。

男性も何人かいて、男性もなるんだなあと思いました。

本に沿って輪読したり、一人一人話したり。もちろん話さなくてもいいんですよ。

本名もいりません。そこでのニックネームでいいのです。

でも遠かったのと、何よりオーバーイーターズアノニマスに行く時、帰る時にめちゃくちゃ過食しては途中のトイレで吐いており、意味がないなと思ってやめました。

この病気の人は多いそうですが、実際にこの問題についてオープンに話したり、助けを求めたりする人は少ないそうです。

私も誰にも言えなかったですもの。

気持ちはよくわかります。

私も少数の友人にしか言えていません。

私は運動強迫もありました。

毎日雨だろうと嵐だろうと、何があろうと、1kmプールで泳ぐことを自分に義務付けていたのです。

最初は毎日500mだったのですが、ある時から1kmと自分の中で決まったのです。

意味不明ですが。

 

2ヶ月入院していた時も、必死に運動していました。

移動は必ず階段を使い、院内のジムで毎日運動し、ご飯は半分残し(お腹ぺこぺこでしたが)…。

もともと痩せていたのに、入院中にさらに5kgぐらい痩せました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください