【主婦起業】集客の方法。分かりやすいマーケティングの基礎

Sponsored Link




こんにちは、WAKAです。

 

 

起業して、ビジネスを成功させるには、どうしたらいいか?

お客様を集めるにはどうしたらいいか?

 

 

みなさん自然とそういうの考えてらっしゃると思います。

それがマーケティングです。

 

難しいイメージのマーケティング。

簡単にまとめてみました。

 

 

この記事はこんな人にオススメ
  • マーケティングの基礎を知りたい人
  • 自分のビジネスを進める方向性を、根拠とともに知りたい人

 

 

マーケティングって何?

 

 

 

 

マーケティングの定義は人によって様々。

 

 

私が考えるマーケティングの定義は、

「ターゲットを見極め、必要とする人に届くような

『売れる仕組み』を考え、お互い利益を得ること。」

です。

 

 

あなたは、売れる仕組みをどうやって考えていますか?

 

 

悩むネコ

売れる仕組みって言われても…

そんな難しいこと思いつかないよ。

なんとなく、お客さんどうやったら来てくれるかなーとは考えてるけど…。

 

 

 

漠然と考えても、なかなか思いつかないですよね。

わかるよ〜!!

 

 

悩むネコ

まず何から考えたらいいのか、知りたい。

 

 

うん、うん、わかります。

 

 

フクロウ先生
  • 1つ目、お客様を知ること。

 

→お客様は何を必要としているのか?(ニーズ:needsと言います)

→お客様は何があったらいいなーと思ってるのか?(ウォンツ:wantsと言います)

 

 

フクロウ先生
  • 2つ目、自分のビジネスの強みと弱みを知ること。

 

 

フクロウ先生
  • 3つ目、ライバルを知ることが大事だよ。

 

 

こういう情報を整理する方法の一つに、

3C分析というものがあります。

 

 

自分のビジネスについて、3C分析をしてみよう

 

 

3C分析とは、以下の3つの頭文字をとったもの。

 

  • Customer  :顧客(ターゲット)
  • Company   :自社(自分のビジネス)
  • Competitor:競合(ライバル)

 

(詳しい説明は下に!)

 

これらを考えずにビジネスを始めるのは、

目隠しして運転するようなもの!

 

 

運がいいとうまくいくけど、

運が悪いとピンチになっちゃいます…。

 

 

3つのCを明確にすることで、

自分のビジネスの方向性が見えてくるよ!

 

 

 

 

例えば、私はカフェが大好きなので、

カフェを例に書いてみますね。

 

 

 

 

Customer:顧客分析

 

 

 

 

3C分析の1つ目、Customer:顧客の分析

をしてみよう!

 

 

一番大事なのがこれ!

ビジネスは「顧客」あってこそ成り立ちます。

 

 

 この記事に顧客分析、市場調査について書いたよ。 読んでみてね!

 

 

 

Company:自社(自分のビジネス)の分析

 

 

 

 

3C分析の2つ目、Company:自社(自分のビジネス)

の分析をしてみよう!

 

 

クマリーマン
具体的に何をどうするの?

さっぱりわからない…

 

 

ですよね。

「カフェを開業したい」を例にあげて、考えてみよう!

 

 

簡単にできるのは、アンケート調査です。

客観的に比べるのが大事!

 

 

  • 家族や友人、知人にアンケート調査をしてみよう。

アンケート項目を作って、お店ごとに100点満点で何点か、

点数をつけてもらおう。

 

  • 自分のカフェでドリンクやフードを出したい、という場合、

試作品を試してもらって、他のお店の場合と同じように点数をつけてもらおう。

 

 

 ↓ 例えば、こんな感じにすると、分かりやすいよ。 ↓

 

 

出典:「好きなカフェとそのイメージ」http://japanbrand.jp/ranking/nandemo/5.html

 

 

一覧表にして、点数化すると特徴がパッとわかるよ!

グラフにするのもいいね!

 

 

自分の強み・弱みは?自分のサービス範囲は?

 

 

例えば、自分が「カフェを開業」するとしたら?

自分の強みと弱み、サービスはどんな感じになるか、具体的に書き出してみよう!

 

 

<自分のカフェの強み>

 

<飲み物・食べ物>

  • カフェインレスコーヒー、ルイボスティーなど健康的なイメージのメニューがある
  • 糖尿病、ダイエットなど糖質制限している人向けに、ランチのご飯をキャベツの千切りに変えられるサービスがある
  • 最近増えているイスラム圏の人に向けて、ハラール(イスラーム法において合法なものの事をハラールという)に対応している。
  • 子供向けメニューがある

 

 

<サービス>

  • おしゃれで座り心地の良い椅子がある
  • 各席に電源2つあり
  • フリーWi-Fiあり
  • カフェとレストランのいいとこ取り
  • テイクアウトあり
  • 禁煙
  • イベント時にはカフェの一角に子供向け撮影スポットあり(ハロウィンなら背景と魔女の帽子、ちょっとしたコスプレなど)
  • 開店時間が早く、朝コーヒーを飲みたい人、モーニングを食べたい需要を取り込める
  • オリンピックに向けて、外国人客にも対応できるように、メニューがすべて写真付き。
  • オリンピックに向けて、メニューが数ヶ国語で記載。
  • 簡単な英語対応が可能。
  • ムスリム(イスラム教徒)のための礼拝スペースがある
  • クレジットカード、スイカ、パスモが使える

 

 

<ターゲット>

  • 高齢者。年配の人が多く、さっと食べてさっとでる人がほとんど。回転が早い
  • 外国人旅行客
  • 子連れママ

 

 

<自分のカフェの弱み>

  • 地域密着のため、知名度が低い
  • 日本に来る旅行客や地域に住んでいる外国人に認知されていない
  • 立地(住宅街なので通勤客は見込めない)
  • お客様の年齢層が高いため、定番商品以外は売れにくい
  • イベント施設でイベントがない日や、雨の日はお客様が少ない

 

 

<自分のカフェのサービス範囲>

  • モーニング
  • ランチ
  • 定番の飲み物
  • 季節限定の特別なドリンク
  • 定番のスイーツ
  • 季節限定のスイーツ
  • ハラール
  • ハンドメイド製品販売

 

 

<他者との差別化。自分のカフェの独自性>

 

  • イスラム圏の礼拝、ハラールに対応
  • 子供向けミニイベント→イベント時の撮影グッズ、撮影スポットを提供
  • 手作りの雑貨販売。オンラインで同時に販売
  • 自分の店を全部貸し切り、または半分貸し切りにして、イベントスペースにする
  • 地域の交流スペースとして、ハンドメイドが得意な人から場所代をいただいて販売
  • 数ヶ国の外国語に対応
  • イスラム圏の人が安心して食べられるようにハラールに対応

 

 

Competitor:競合(ライバル)の分析

 

 

 

 

3C分析の3つ目、Competitor:競合(ライバル)

の分析をしてみよう!

 

 

競合他社を分析して、独自性を出そう!

 

 

競合(ライバル)の強み・弱みは?サービス範囲は?

 

 

「カフェを開業したい」を例にあげて、考えてみよう!

まず、ライバルを洗い出そう。

 

 

ライバルは、あなたが提供する価値を持つもの、すべて!

 

 

カフェの場合、ライバルは飲食店のみとは限りません。

 

  • 飲み物なら、自販機だって、コンビニだって競合になります。

もちろん、スーパーもです。

イートインコーナーがあればなおさら。

 

  • あなたのカフェがくつろぎを提供しているなら、

同じようにくつろげる漫画喫茶なども競合になります。

 

  • イベントの場所を提供しているなら、

イベントスペースも競合になります。

 

  • 地域の人のおしゃべりの場になっているなら、

公共の交流スペースも競合になります。

 

 

  • 他のカフェ
  • レストラン
  • ファミレス
  • ファストフード
  • コンビニ
  • 自動販売機
  • スーパーのイートインコーナー
  • イベントスペース
  • バー
  • 公共の場所

 

 

など、競合(ライバル)となるお店を思いつくだけ洗い出してみよう。

じっくり観察してみよう。

 

 

悩むネコ

具体的に、何を観察したらいいんだろう?

 

 

例えば、以下の項目をチェックしてみよう!

 

  • 立地は?
  • サービスの仕方は?
  • お店の規模は?
  • 席数数は?
  • カウンターやテーブルなどの席構成は?
  • スタッフの人数は?
  • スタッフの性別や年齢層は?
  • 内装は?
  • メニューは?
  • メニューの呼び名は?(スタバならトール、グランデなどおしゃれ)
  • 自分好みのオリジナルのカスタマイズはできる?
  • 料金は?
  • 客単価は?
  • 営業時間は?
  • 定休日は?
  • お客様の年齢層は?
  • 他のカフェは、ファーストフード店、ファミレスとの差別化をどのようにしてる?

 

 

調べたことを

一覧表にしてみよう!

グラフにしてみよう!

可視化すると、強み、弱み、問題点がわかりやすいよ!

 

 

まとめ

 

 

起業して、ビジネスを成功させるには、どうしたらいいか?

お客様を集めるにはどうしたらいいか?

 

 

そういうのを考えるのがマーケティングだよ。

 

情報を整理するためのツールとして、

3C分析があります。

 

 

  • Customer  :顧客(ターゲット)
  • Company   :自社(自分のビジネス)
  • Competitor:競合(ライバル)

 

 

の頭文字をとった分析方法です。

 

 

それぞれについて、具体例とともに簡単に解説しました。

 

 

これをすることで、

自分のビジネスを進める方向が見えてくるよ!

 

 

フクロウ先生

分析結果を一覧表やグラフにまとめてみよう!

 

可視化すると、自分のビジネスの強み、弱み、問題点がパッと見えてくるよ。

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。
詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆

Sponsored Link




LINE@を始めました。

サービスの先行案内、子育て、心のことなど配信しています。

友だち追加

友達追加はこちら ↑ をクリック^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆