【保存版】個人事業主の資金調達の方法!助成金・補助金について

Sponsored Link




こんにちは、WAKAです。

 

起業したい。開業したい。

貯金で全部まかなえるのが理想だけど…そうもいかない時もありますよね。

 

クマリーマン

お金がほしい…。

どうやったら資金調達できるんだろう。

 

そんなお悩みありませんか?

 

個人事業主は、法人よりも資金調達が難しいです。

そういう時に活用できる助成金、資金調達について書いていきます。

 

 

あなたは【助成金や補助金】を利用してますか?たくさんあるよ!

 

 

 

 

 

助成金や補助金の制度は、情報戦です。

知っていれば得をする、知らない人は損をする

仕組みになってます。

 

ここで助成金・補助金について知って、

あなたの事業に合うものを探してみましょう。

 

 

【助成金や補助金】ってなに?

 

 

【助成金・補助金とは】

国や地方自治体から受け取ることができる支援金のこと。

返済不要!

 

 

返済不要なのが他の融資と一番違う点です。

 

 

【助成金と補助金】の違い、それぞれの特徴を一覧表にまとめたよ

 

 

  • 助成金:要件を満たせば、原則誰でも受けられる。
  • 補助金:審査があり、審査に通らなければ受けられない。

 

 

助成金と補助金の違いを一覧表にまとめました。

 

 

 助成金補助金
助成金の管轄厚生労働省が多い経済産業省が多い
対象雇用の増加、従業員の能力開発、環境改善など地域活性化、産業の復興、研究開発、エネルギー、環境、二酸化炭素削減、海外展開など
難易度簡単(要件を満たしていれば通る)難しい(要件を満たしていても審査により通らない場合あり。倍率も高い。)
審査内容要件を満たしているか要件を満たしているか、どのように社会の役に立つか、雇用を創出するのかなど
申請期間長い(1ヶ月〜通年など)短い。約1週間〜1ヶ月
受給金額助成金により、数千円〜1,000万円

例)キャリアアップ助成金なら500万円から1,000万円
数十万円〜数億円
相談窓口各自治体の創業に関する窓口、税理士、社会保険労務士、行政書士各自治体の創業に関する窓口、税理士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士、民間のコンサルティング会社
支給時期早いもので1か月、遅いものでは3~6か月後事業期間が終了し、完了報告書提出の日から2~3か月後〜数年後

 

【助成金と補助金】いつもらえるの?

 

 

助成金・補助金は後払いです!

申請したらすぐお金が振り込まれるわけではありません。

 

事業を実施し、完了報告書を提出した後に、初めて支給されます。

つまり、事業の開始から補助金が支払われるまでの間の資金は、

自分自身で調達する必要があります。

 

 

助成金】どうしたらもらえるの?

 

 

助成金は、受給要件を満たしていれば、誰でも受けられます!

 

 

助成金個人事業主でも使えるの?

 

 

使えます。

意外とたくさんあります。

 

地域活性化のため、各自治体に、独自の助成金が多くあります。

対象となる経費も様々です。

 

 

助成金個人事業主もOK!各自治体にいろいろあるよ!

 

 

各都道府県、市町村のホームページを見てみましょう!

 

市町村のホームページを見ると、

資金調達の相談会なども無料で・または格安で行われています。

そういう場で、専門家に相談することもできます。

または、自治体の創業・起業窓口で相談することもできます。

 

 

<例>東京都の場合

 

 

例えば、東京都に事業所があるなら、

平成29年度 東京都 創業助成事業【第2回募集】

があります。

リンク先を見ると、創業者等の条件(1)に

個人事業の開業の届出を行ってから5年未満の個人

と明記されています。

助成額は300万円です。

 

 

<例>千葉県の場合

 

 

千葉県にも独自の資金調達支援があります。

たくさんありますよー!

こちらのリンクをごらんください。→

 

千葉商工会議所のホームページには、以下の補助金も載っています。

クリックすると、それぞれのサイトへ飛びます。

 

 

 

助成金どんなのが活用されているの?【3つ挙げてみたよ】

 

 

創業のほかは、基本的に雇用に関するものが多いです。

スタッフを雇う場合は、必ず申請しよう!

 

 

 

景気悪化など経済上の理由により、

一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を

実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成される

 

 

【補助金】助成金と違う補助金の特徴

 

 

  • 補助金はほとんどが公募制。
  • 受付期間が決まっている(比較的短い)
  • 期間内に応募しなければ補助金を受けることができない
  • 補助金は予算の上限が決まっているので、その上限に達し次第、受付が締め切りになる。
  • または、予算の上限ではなく、採択件数が決まっている場合もある
  • 受付期間の後半になるほど採択が難しくなる(早めに出しましょう!)

 

 

【補助金申請の流れ】

 

申請

 ↓

要件を満たしているものを審査

 ↓

審査に通ったら補助金をもらえる!

 

 

【補助】どうしたらもらえるの?

 

 

補助金にはいろ〜〜んな種類があります。

補助金で検索すると、びっくりするぐらい多種多様なものが出てきます。

見るのも一苦労ですよね。

 

探し方は次の記事で書きます!

<追記>書きました!

 

 

補助金の審査には事業計画書が必須です!

面接の際には、事業計画書をもとに

 

  • この事業がどのように社会の役に立つか
  • どのようなニーズを満たし、雇用を創出するのか

 

などを、第三者に伝わるようにアピールする必要があります。

それが認められれば、補助金を得ることができます!

 

 

【補助金】起業・開業するなら「創業補助金」を検討しよう!

 

 

もしあなたが起業しようと考えているなら、

平成29年度 創業・事業継承補助金

がオススメです。

これから創業する方が対象の補助金です。

 

新たなニーズを興し、雇用の創出を促す創業プランを応援する補助金です。

個人事業主も申請できます。

 

 

【創業補助金】実際のところ、いくらもらえるの?

 

 

補助金の額は以下の通りです。

下で解説しています。

 

補助率:1/2以内

補助金額の範囲
①外部資金調達がない場合:50万円以上100万円以内
②外部資金調達がある場合:50万円以上200万円以内

出典:平成29年度 創業・事業継承補助金

 

 

【解説】

補助金の額は、外部資金調達があるかどうか

(=金融機関からお金を借りるかどうか)

で変わります。

 

 

  • 金融機関からお金を借りる場合

 

補助率: 経費の2分の1まで

補助金額: 50万円以上200万円以内

 

 

  • 金融機関からお金を借りない場合

 

補助率: 経費の2分の1まで

補助金額: 50万円以上100万円以内

 

 

計算は、このようになります。

例1)金融機関からお金を借りた。使った経費が260万円

補助率は260万円×2分の1=130万円

補助金額の範囲内!

全額受けることが可能。

 

 

例2)金融機関からお金を借りた。使った経費が500万円

補助率は500万円×2分の1=250万円

補助金額の上限200万円を超えてしまう!

全額は受けられない。

補助金は上限の200万円までとなる。

 

 

【創業補助金】対象となる経費

 

 

書類作成にかかる費用、店舗借り入れ費用、

人件費、設備費、広報宣伝費、マーケティング調査費、委託費など

幅広いです。

 

 

【創業補助金】募集期間

 

 

平成29年度の募集は終了していますが、毎年募集を行っています。

募集期間はだいたい4月〜5月です。

 

  • 平成28年度の募集期間は4月1日~4月28日
  • 平成29年度の募集期間は5月8日〜平成29年6月2日(金)

 

 

開業・創業予定の方は、定期的にチェックしてみましょう。

 

 

【創業補助金】採択件数はどんな感じ?採択された事業の内容を知りたい!

 

 

平成28年の採択件数は以下の通りです。

平成28年4月1日~平成28年4月28日(電子申請は4月29日)の期間で公募を行ったところ、
応募総数2,866件、採択総数136件でした。

出典:平成28年度創業・第二創業促進補助金

 

 

なかなか狭き門ですね!

同じ補助金に対する平成29年の結果は以下の通りです。

だいぶ違う!

平成29年5月8日~平成29年6月2日(電子申請は6月3日)の期間で公募を行ったところ、
応募総数739件、採択総数 109件でした。

出典:平成29年度 創業・事業継承補助金

 

 

おお?!前年が厳しかったからか、応募する人がかなり減ってる!!

採択率上がってますね。

 

採択一覧を見てみると、いろんな業種があります。

平成28年度 創業・第二創業促進補助金 採択一覧(創業)【134件】

平成29年度 創業補助金 採択一覧 【109件】

 

ぜひあなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

助成金・補助金は頻繁に制度が変わります。

最新の情報は厚生労働省や各自治体のサイトでご確認ください^^

 

 

 

まとめ

 

 

【助成金・補助金とは】

 

国や地方自治体から受け取ることができる支援金のこと!

返済不要です!

 

 

【助成金と補助金の違い】

 

  • 助成金:要件を満たせば、原則誰でも受けられる。
  • 補助金:審査があり、審査に通らなければ受けられない。

 

 

起業、開業するときは、「創業補助金」がオススメです!

無料で専門家に相談できる相談窓口もあります。

自治体のホームページをチェックしてみましょう!

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。
詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆

Sponsored Link




LINE@を始めました。

サービスの先行案内、子育て、心のことなど配信しています。

友だち追加

友達追加はこちら ↑ をクリック^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆