ヤマザキマザック工作機械博物館で、「機械を作る機械」を見たよ

ヤマザキマザックの「機械を作る機械」の博物館を見学してきました。

この工作機械博物館は、岐阜県美濃加茂市にあります。

駐車場に入ると、ガラス張りのピラミッドがありました。

え?博物館どこ?もしかしてあれ?小さいけど…。

当たり!そのピラミッドが博物館なのです。

入口は小さなピラミッド、そして地下に広大な施設が広がっているのでした。

ヤマザキマザックが運営する工作機械に特化した博物館で、ヤマザキマザックの創業100周年記念事業として2019年11月2日に開館したそうです。

 

古代エジプト時代から現代までの展示がありました。

地下2階から見学して、地下1階(ここは撮影禁止)、1階のミュージアムショップへと続きます。

途中からスタッフの人が詳しく説明、実演してくれて、実に分かりやすくて楽しかったです。

これぞ博物館の醍醐味ですね!!

蒸気機関車D51(デゴイチ)の展示もありました。ピカピカです。さすが屋内展示!

ちょっと電車に詳しい人なら知ってるかも。

機関車の番号の付け方と各部位の名称です。

中を見ることができました。

所々にスタンプラリーがあります。最後に塗り絵がもらえました。

入館時に渡されたタッチペンで自分で機械を作ることができます。

下の写真は5歳が書いて作っているところ。

コンピューターもこうして作られたのですね。

高さを測ることができます。触ると微妙に高さが違うのがわかるんです。

下の写真の自転車、すごーく薄いんです。分かりますでしょうか?

こんな精巧なものが作れるなんてすごい!

アルミニウム合金製ヘリコプター369HSがありました。

機械が動いているところ。コンピューターの画面に今何をしているかが映し出されます。

こんなのが作れるなんてすごいなー!!

地下一階は撮影禁止なので写真はありませんが、スタッフの方がいろいろと説明してくださいました。

そして出口へ。ミュージアムショップがあります。

買ったもの。

 

お土産はクラフト。8歳は飛行機、5歳はヘリコプター。

どちらも自分達で組み立てられて、特に5歳の成長にびっくりしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。二児の母。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆