【主婦起業】ニーズがない時代の売り方!ストーリーで価値を売る!

Sponsored Link




こんにちは。WAKAです。

 

WAKA
あなたは「これが欲しい!」というもの、ありますか?

 

 

私はあまりないのです。

どちらかといえば、ものが多すぎるので断捨離したい。笑

 

 

今の時代ってものが溢れてるし、

欲しいものは一通り持っているし、

なかなかモノは売れないと言われますよね。

 

でも売れてる店はあるし、

ネットショップは大人気!

 

そのヒミツを以下に大公開!!!

 

 

これを買ったらどうなる?というストーリーを想像させよう

 

 

 

 

  • ふらっと入ったお店でかわいい雑貨を買ったり
  • 買うつもりなかったのに、百均で千円以上買ってたり(特にセリア!)
  • 特に用事もなく本屋に入ったのだけど、POP※や帯の宣伝を見て買っちゃう

 

ってことありますよね。

 

 

そういう時、買う人の頭の中では

 

  • アクセサリー

→「これを買って身につけたらかわいいだろうな」

  • 雑貨

→「この雑貨を家に飾ったら、ステキなインテリアのお家が実現しそう」

→「『読み始めたら止まらない!危険』ってどんなおもしろい本なんだろう」

 

と想像が広がっています。

つまり、

これを買ったらどんな体験ができるか、想像させるのが大事!

 

 

※POPとは:point of purchase advertising(ポイント・オブ・パーチェス・アドバタイジング)のこと。

購買時点広告と訳されます。

店頭、商品陳列棚など、お客様が商品を購入する場で行なわれるタイプの広告のこと。

よく本屋やコンビニにあります。手書きでついてる広告のことです。

 

 

価格競争に巻き込まれないためには?独自の価値をつけよう!

 

 

同じものを売っていると、お客様は「安くていいもの」の方に流れてしまいます。

その結果、際限のない価格競争に巻き込まれてしまいます。

ツライですよね。

 

そこから脱するにはどうするか?!

 

商品を選んでもらえるように、独自の価値をつけよう!

 

 

独自の価値ってなんだろう?【例】原価数百円のぬいぐるみを1万円で売る

 

 

ネコ先生

例えば、クマのぬいぐるみ。

原価数百円です。

それを1万円で売るにはどうしたらいいかな?

 

 

ママなら想像しやすいかも!

 

 

  • ぬいぐるみを、生まれた時の赤ちゃんと同じ体重にする!
  • 身長も同じにする
  • ぬいぐるみのお腹に赤ちゃんの名前を刺繍する
  • ぬいぐるみの足の裏に、赤ちゃんの生年月日、メッセージなどを刺繍する
  • ぬいぐるみの背中にチャックをつけて、簡単なお世話セット(スタイ1枚、オムツ1枚、ガーゼ1枚など)を入れる
  • ぬいぐるみの背中にチャックをつけて、赤ちゃん用簡単な防災セット(水1本、液体ミルク、レトルト離乳食など)を入れる

 

 

ポイントは、

「感動」させること

「あなただけ」のものと感じさせること

 

 

お客様は、ぬいぐるみがほしいわけではないのです。

 

ぬいぐるみを見ることで、

  • 子供が生まれた時の感動を思い出す
  • こんなに大きくなったんだなあと成長をかみしめる

 

のです。

 

この場合、お客様は「安いもの!」より

「お値段が張ってもちゃんとしたもの」を求めます。

 

  • 「縫製がしっかりした日本製がいい」
  • 「子供が口に入れても安全な素材で作ってほしい」
  • 「抱き心地がいい素材がいい」
  • 「将来子供に、こんなに小さかったんだよと教えたい。長い間大事にできるデザインがいい」

 

これで、脱・安売り競争!です。

 

 

付加価値をつける!売れる売り方がある!

 

 

今ある商品を違う視点から見ることで、

新しい価値がつけられます。

 

今売れているものも、ほとんどが

斬新なアイデア!奇抜なアイデア!というわけではないんですよね。

すでにあるものをうまく利用しているのです。

 

  • 違う切り口から見たり
  • 新しい言葉で価値をつけたり
  • 商品を買ったほうがよい理由(お客様にとっての利益)を伝えたり

 

することによって、多くの企業・個人が、

今までの何倍もの売上げを上げています。

 

 

【例:違う切り口から見た例】女性同士の心ゆくまでおしゃべり応援プラン

 

 

熊本県の黒川温泉の旅館・わかばにはこんなおもしろいプランがあります。

 

 

仕事、家事、子育てにがんばる女性のために

「女性同士の心ゆくまでおしゃべり応援プラン」

出典:http://www.ryokanwakaba.com/w-page/pickup/plan01.htm

出典:http://www.ryokanwakaba.com/osyaberi

 

 

<このプランの特徴>

 

  • 13時チェックイン
  • 持ち込み自由
  • おしゃべり応援グッズをお貸しします

 

 

<おしゃべり応援グッズとは>

 

  1. クッション一個(体にフィットするソファ)
  2. 加湿器
  3. コーヒー
  4. のど飴
  5. スイーツ三種盛り

 

このプランは大ヒットし、

このプランだけで年間売り上げが300万円以上あがったそうです!!

 

 

大掛かりな改装をしたわけでもなく、

新たにスタッフを雇ったわけでもありません。

もともとあるものをうまく利用した例です。

 

とてもおもしろいアイデアですよね!

 

 

私も宿泊先を決めるとき、どの旅館も同じようにステキに見えて、

選ぶのにかなり迷います。

 

そういうとき、こういうプランがあったら、

仕事、家事、子育てにがんばる女性」という言葉にピクッと反応し、

心ゆくまでおしゃべり」に、したい、したい、したーい!

とここに決めると思います。

 

 

 

【例:違う切り口から見た例】親子・兄妹・赤ちゃんでお揃い服

 

 

私も、出産祝いやプレゼントに買ったことがある子供服のお店。

CORVa(コルヴァ):http://corva.jp

 

 

他とは違う、ここの特徴は親子・兄妹・ベビーのおそろい服というところです。

 

同性のおそろい服のお店はあります。

(サイズ違いで買ってもいいですしね。)

でも、異性のおそろい服ってなかなかないのです!

 

 

出産祝いって、上のお子さんにも何かあげたいなと思うけど、

特に異性のきょうだいだと、難しいのですよね。

きょうだいお揃いってめちゃくちゃ可愛いのに!

 

ここのコンセプトは

 

  • 思い出
  • 今だけの時間

 

私の友達が、実際にここで家族おそろいの服を買い、

家族写真を撮っていました。

 

家族同じデザインで、ママと娘さんは赤いボーダー、

パパと息子さんは黒いボーダー。

 

  • 幸せな家族
  • 仲の良さ

 

がよく現れており、とてもステキで私も真似したいと思いました!

 

  • 家族でおそろい服を着る
  • 子供達におそろい服を着せる

 

ことによって、

 

思い出の価値を高めること

 

ができるのです!

 

 

【例:言葉で価値をつけた例】昔の鍵をアンティークキーとして売る

 

 

使えなくなった鍵や、昔の鍵なんて、ポイッと捨ててしまいそうですよね。

それをアンティークキー、ヴィンテージキーとして売っているお店があります。

それらの鍵は「幸せを呼び込むアイテム」として売られています。

 

 

確かにそういう言葉がついていると、見向きもしなかった

ただのカギがステキに思えてきます。

 

 

一本あたりのお値段は、数百円〜5,000円近く(!)するものもあります。

アンティークなので、実際には使えないただのカギです。

フランス製の南京錠で装飾付きのものは、28,800円で売られていました!

サビやくすみも、アンティークならではの味わいとしてオッケーなのです。

 

 

コレクションやディスプレイ、手作り雑貨のパーツとして売られているようです。

おもしろいアイデアだなーと思いました。

 

 

まとめ

 

 

現代はモノが豊富にあり、「ニーズがない」時代。

どうやったら売れるのでしょうか?

 

 

お客様に何かを売りたい時は、

これを買ったらどうなる?というストーリーを想像させるのが大事!

 

 

お客様はものが買いたいというより、

そのものが持つ「イメージ」や

それを買うことによってできる「体験」

に興味があるのです。

 

 

今ある商品を違う視点から見ることで、

新しい価値をつけよう!

 

  • 違う切り口から見る
  • 新しい言葉で価値をつける
  • 商品を買ったほうがよい理由(お客様にとっての利益)を伝える

 

いくつかの成功した例をあげました。

 

これらを実施することによって、値下げ競争に巻き込まれず、

付加価値をつけることができます。 

ぜひ参考にしてみてください。

主婦起業コンサルタント。4歳と1歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。
詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。4歳と1歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆