北海道鉄道技術館・苗穂工場:エンジン、ヘッドマーク、行先票、腕木式信号機

北海道鉄道技術館・苗穂(なえぼ)工場に来ました。

エンジンだー!

DMH17C形機関です。

DMH17系エンジンとは、日本国有鉄道(国鉄)の気動車・ディーゼル機関車に搭載されていた直列8気筒、副室式ディーゼルエンジンです。

エンジンって面白いですよね。これで動いてたんだーと思うと感動します。

ヘッドマークがずらりと展示されていました。

かつて北海道内を走っていた寝台特急列車、夜行列車、記念列車の先頭部に取り付けられていたものです。

私も北海道ではないけれど、寝台列車に乗ったことがあります。いいですよね!

行先票(サボ)です。車体の側面に取り付けられて、お客様に列車の行き先を案内していたものです。

行き先がどれも北海道だー!って感じで感動しました。

館外には苗穂工場の駅名を記したものがありました。

旭山動物園号の列車です。外側も車内も動物がいっぱいで楽しい感じになってますね。

北海道内最初の特急気動車「おおぞら」です。

列車全面愛称幕が面白くて、じっと見ていました。

HOKURO、TOKACHI、北海、OZORA、オホーツク、まりも、すずらん。

いしかり、さちかぜ、ライラック、ホワイトアロー、すずらん、Airportなど。

道内列車愛称名一覧(登場年代順)が興味深く、全部見ました!

特急列車の模型。

  • アルファ・コンチネンタル・エクスプレス
  • フラノエクスプレス
  • トマムエクスプレス
  • ニセコエクスプレス
  • クリスタルエクスプレス
  • ノースレインボーエクスプレス

館外には腕木式信号機がありました。

ちょっと離れた小屋の中に信号機を操作するレバーがありました。

すっごく見応えありました!

月に2回、しかも午後の数時間しか空いていませんが、行く価値はあると思います!

私は2階の手書きの書類がよかったなー。

おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。二児の母。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆