お台場「船の科学館」へ。別館と本館屋外展示場

Sponsored Link




子連れで行ってきたよ!

お台場「船の科学館」へ。初代南極観測船『宗谷』は見どころいっぱい

の続きです。

 

 

船の科学館:『別館』展示場

 

 

 

↓ 別館はこじんまりとしていて、映像や本、模型などがあり、小さい子にちょうどいい感じでした。

 

 

↓ 海の生き物は親子が似てないものもたくさん!

親子組み合わせゲームがありました。

 

 

↓ 海に関する本を集めた図書コーナー

 

 

大好きな加古 里子(かこさとし)さんの『』があったよ!

からすのパンやさん』などの著者。

 

 

 

↓ 長男はこの映像に夢中でした。

大人も座って疲れた足を休めることができます 笑。

 

 

船の科学館:本館の屋外展示場はこんな感じ!

 

 

↓ リニューアル中の本館に来てみました。

 

 

↓ 案内図はこちら

本館は休止中、プールエリアは整備中になっています。

 

 

↓ 半没水型双胴実験船『マリンエース』

中がトンネルみたいになってるの。

水の抵抗が少なくて速いんだって。

1977(昭和52)年10月に完成した日本初の半没水型双胴実験船だそうです。

 

 

↓ 潜水艦

 

↓ 潜水調査艇「たんかい」

丸くてかわいい形です。

 

 

 

 

本館のホールは入れるようになっていました。

 

↓ ホールの天井はこんな感じ!

 

 

 

↓ 南極へ行った「しらせ」の記念盾。

ペンギンと船の組み合わせがかわいい。

 

 

 

 

まとめ

 

 

別館の方は潜水艦がどのようなことをしてるか、子供向けに分かりやすい映像が流れていました。

本館はさらりと過ぎました笑。

 

船の科学館は飲食禁止です。

ランチは、道路を渡って向かいのコンビニで買ってイートインスペース(結構広い)や公園で食べるか、徒歩5分ぐらいのところにある日本科学未来館の7階に、Miraikan Kitchenというカフェがあります。

 

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。
詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆

Sponsored Link




LINE@を始めました。

サービスの先行案内、子育て、心のことなど配信しています。

友だち追加

友達追加はこちら ↑ をクリック^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主婦起業コンサルタント。5歳と2歳、男児二人のママ。「好きな時に、好きな場所で、好きなことをする!」がモットー。仕事と育児をバランス良く楽しみたい!福岡出身、千葉在住。 詳しいプロフィール→こちら☆実施中のサービス内容→こちら☆